葉見ず花見ず

見に来てくださりありがとうございます。
昨日、自宅近くの田んぼのあぜに彼岸花が咲いているのを見つけました。まだ数本しか花を咲かせていませんでしたが、そこは毎年小道に沿って赤い花の帯ができる場所なので、あと数日したら散歩がてら見に行ってみようと思います。

彼岸花は別名「曼殊沙華」というのはよく知られていますが、タイトルの「葉見ず花見ず」も彼岸花のことを指します。花が咲く時期には葉はなく、葉がある時期には花がないという不思議な特徴を表した名前です。

お彼岸の時期、地面からまっすぐ伸びた茎の上に静かに座る赤い花が、ずーっと向こうまで続いている景色は、どことなく現実離れした場所にいるような気持ちになります。

もう、とうの昔に雲上へ還っていった歴代の実家猫たち。三匹とも個性豊かで愛嬌のある子たちでした。この子たちの思い出話も、またぽつぽつと描いていきたいなぁと思います。


本日はイラストの簡単更新でした。見てくださりありがとうございました。
良い連休をお過ごしください。

コメント