夏と共に来た猫③【迷いからの脱却】

見に来てくださりありがとうございます。
夏と共に来た猫は「ラテ」と名づけました。え?名前負けしてる? いいんです。もうすっかり親バカフィルターかかってるので、私にはラテの大きな顔も貫禄あるゴッドファーザーのように見えるのです。

ちなみにカフェ・ラッテ(Caffè Latte)は、エスプレッソと牛乳を混ぜたイタリア発祥の飲み物で、その割合はエスプレッソ2に対して牛乳8だそうです。ラテの配色もだいたい2:8。

眼光するどいマフィアの貫禄。

目を閉じると、とたんにありがたみが沸くラテ。拝みたくなります。

模様が♡に見えなくもない。

ダニのお話ですが、私はとっさにつまんで石で潰してしまいましたが、これダメらしいです。吸血中のダニを無理やり引っ張ると皮膚内に体の一部が残ることがあるそうです。またメスのダニを潰すと卵が飛び散るのでこれもNG。(すべてアカンかった…)ダニを見つけたら病院へ連れて行き、駆虫薬を処置してもらってくださいね。

❁~~長くなりましたが、お時間ある方はもう少しお付き合いください。~~❁

ラテを保護する決断がつかなかったのは、うちで受け入れることができなかったためです。

去年保護したメルは初期検査でいろいろと健康に不安要素があり、まだ今は若く元気ですが数年後シニア期に入ったときに、健康な子より病院へかかる頻度が高い可能性があります。
なるべく病気が発症しないよう、ストレスの少ない環境で過ごさせたいと思っています。

ノアにとってもオスの成猫を迎えることは精神的に大きな負担になりかねません。今はノアとメルの関係がとても良好なので、この環境を守ってあげたいと思います。

次回、ラテの受け入れ先が見つかった?!

お楽しみに♪

コメント いただけると励みになります!お気軽にどうぞ。

スポンサーリンク