猫を保護した話⑥【血液検査結果】

ノアレオン137-1
ノアレオン137-2

見に来てくださりありがとうございます。
メルを保護してから検査結果が出るまでの一連の話は、いったんこれで終わりです。次回からはいつものようにノアの話や家族マンガなども描いていく予定です。もちろんメルの近況も逐一、写真やマンガでお知らせしていこうと思います。

予想通り…ではありましたが猫エイズ陽性でした。これはしかたのないこととして受け入れ、できるだけストレスの少ない環境を整えてあげることで発症を遅らせ、できれば発症することなく一生を過ごしてほしいというのが願いです。

目の治療(点眼)に、母屋(義実家)からわが家への移動による環境変化、ノアとの対面などなど、メルにはこれから数々の壁を乗り越えていってもらうことになります。ストレスを最小限に抑えられるよう努力するから、メル一緒にがんばろうね!

写真はいつも点眼後にあげているウェットフードを食すメルさん。※写真多めです。

目の前に皿を出すと

顔をぶつける勢いでがっつきます。

一口の量よ…(-_-;)

ここまでで約10秒。

20秒でほぼ完食。

ふと我に返り…

シャーーー‼
(なんやお前!近いぞ‼)

はいはい、食後にそんな興奮しないの。
(リバースされるとやだから)

急にしゅぅん⤵…感情忙しいな。

明日も目薬がんばろうね!
(←目薬開始して二週間。白濁が小さくなってきてます)

コメント